HOME >Q&A

Q&A

サービス全般について

訪問について

料金のお支払いについて

その他のサービスについて


サービス全般について

実は面倒だったりしませんか?
「あんらく経理」は美容室の手間を軽減するために作成された美容室専用経理ツールです。
お客様は、毎月、「あんらく経理」に入力して、通帳コピーといっしょに、郵送、FAX、メールでお送り頂くだけです。事業規模にもよりますが、30分−1時間で終わります。
実際に頼むと、たくさんお金がかかったりしませんか?
当事務所の月額料金は、固定制であり、前年の確定申告の売上高をベースに決定します。
仕訳数で金額が変わったりしませんので、あんしんです。
他に作業が必要な場合には、お申し込みの際に料金を提示いたします。

訪問について

訪問付きのコースだと、何をしてもらえるのですか?
訪問付きのコースでは、必ず「決算前打合せ」が行われます。
決算前打合せの際には、「経営レポート」をお持ちします。
カラフルなグラフや詳細なデータが満載のレポートを説明しながら確認していきますので、今の立ち位置を容易に確認することができます。そして、今後、どのような方向に決算を持っていきたいのか話し合います。

訪問が複数回のコースでは、訪問のつど、必ず経営レポートをお持ちします。
まずはこの経営レポートをもとに、そのときそのときの状況を前年などと比較しながら確認していきます。
そして、普段なにげなく思っている疑問や電話ではちょっと話しにくいことなど、複雑・繊細な話についても、膝を突き合わせてご相談いただけます。
訪問付きのコースには、どんなタイプがありますか?
訪問回数によって、次のタイプがあります。
●年に1回訪問コース…決算前打合せで訪問します
●年に2回訪問コース…決算前打合せ+決算後に訪問します
●3ヶ月に1回訪問コース…3ヶ月に1回訪問し、決算前には決算前打合せを行います
●1ヶ月に1回訪問コース…毎月1回訪問し、決算前には決算前打合せを行います
途中で訪問回数(コース)を変えることはできますか?
はい、できます。ただし、一度変更しますと、1年間は継続適用となります。

料金のお支払いについて

料金の支払いはどうなりますか?
お支払方法は口座振替となります。
月額料金は、当月分を当月5日に、確定申告書作成料は、4月5日にご指定口座から引き落としとなります。(その他の作業料金の引き落としは作業の翌月5日となります。)なお、振替手数料は無料です。
ただし、お申込みのタイミングによっては、お申込み月及びお申込み翌月分のみ2ヶ月分をお申込み時にお振り込みいただくこともあります。
年の途中から契約した場合は、月額料金はどうなるのでしょうか?
年の途中からの開業の場合など、1年に満たない内容の場合には、月額料金は、事業を行っている月分の料金をいただくことになります。(例えば、7月開業で、7月からお申込みいただいた場合、7〜12月の6ヶ月分の月額料金が発生します。)
開業して2年目以降の場合は、お申込み月から月額料金をいただきます。
お申込み月より以前の帳簿作成が必要な場合には、月数分の帳簿作成料金を、お申込み時にお支払いいただければ、お申込み月以前分の帳簿作成も承ります。帳簿作成料金は、月額顧問料の約半額となります。

その他のサービスについて

これから新規で開業しようと思うのですが、準備段階から相談に乗ってもらえますか?

新規開業時は、経理や税金のことだけでなく、さまざまなお悩みが生じるかと思います。
初回ご相談は完全無料で対応させていただいておりますので、まずはお気軽にお問合せください。
なお、新規開業の方は、次のような特典を受けることができます。

【新規開業の方限定特典】
●事業開始前であっても、電話、メール、FAXにて無料で何度でもご相談いただけます。
●開業の際に必要な税務署への届け出についても、無料で作成・提出いたします。
しかも、料金発生は事業開始月からとなりますから、たいへんお得です。
融資(借入れ)を受けたいのですが、そのサポートもしてもらえますか?
もちろん可能です。その中でも、これから開業される方には、経済産業省認定の「支援機関」で、日本政策融資公庫に独自のパイプを持つ当社の「美容業・創業融資サポートサービス」をおすすめいたします。
事業計画書の書き方、融資担当者との面談の進め方についても、蓄積されたノウハウで、あなたを全力でサポートいたします。ぜひご利用ください。

詳細はこちら→『美容業・創業融資サポートサービス
会社にしたいと思うんだけど・・・。
会社の設立には任意で決められる登記事項がありますが、どのように登記するかによってその後の税金にも大きく影響してしまいますので、設立前に税理士と相談するのが得策です。
また、単純に会社にするとどの程度節税になるのか、そもそもお得なのかどうか、シミュレーションいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

会社設立手続きそのものについても、代表田崎が行政書士資格も保有しており、さらに提携司法書士もおりますので、割安でスピーディ・スムーズな設立登記も可能です。
また、会社設立時からお申込みいただいたお客様には、会社設立時に必要な税務署等への届出書も無料で作成いたします。
助成金の申請を考えたいんだけど・・・。
社会保険の手続きもお願いしたい。
当事務所には提携している社会保険労務士がおります。当事務所が窓口となりますので、お気軽にスタッフまでお問合せ下さい。
将来、多店舗展開を考えています。税金関係で注意すべきポイントなどはありますか?
開業から順を追って教えてください。
ステップ1 開業したら
開業届、青色申告承認申請書などの書類の提出が必要です。
もちろん当事務所がすべて作成し、責任持って作成から提出まで行いますので、ご安心ください。

ステップ2 スタッフを雇ったら
給与支払事務所等の開設届出書などの提出が必要になります。 当然、給与の計算時には、源泉所得税や雇用保険の計算が必要になりますが、当事務所が徹底サポートいたします。
また、年末には年末調整を行い、源泉徴収票を本人に渡さなければなりませんが、年末調整業業務、源泉徴収票の作成も行います。

ステップ3 消費税はいつかかる?
原則、消費税は売上が1,000万円を超えた年の翌々年から納税義務が生じます。
また、売上高が5,000万円以下の場合には原則課税のほか、簡易課税を選択することができますが、適用しようとする年の前年までに届出を提出しなければならず、予め検討が必要です。 簡易課税の検討についてもあなたと一緒に検討いたします。

ステップ4 法人設立を検討しよう
利益が増えてきて税負担感が出てきたら、法人設立を検討しましょう。大幅な節税が期待できます。
会社の設立には、法務局への登記が必要となりますが、それについてもきっちりフォローさせて頂きます。登記事項を変更する場合にはその都度登録免許税がかかってしまいます。
当事務所は、コストを最小化するためのノウハウを持っています。将来を見据えた会社組織設計をサポートしますのでご安心ください。

ステップ5 いざ多店舗展開へ
2店舗目を出店するときは、マーケティングや営業面、組織面からもいろいろなことを検討されることでしょう。財務面で言えば、新たに借入の必要があるかもしれませんし、現金の管理方法など整理しておかなければいけないかもしれませんが、当事務所がアドバイスいたしますので、ご心配なく。
ともに次のステージへ歩んでいきましょう!
ページトップへ